ジョセフ・マーフィー

ジョセフ・マーフィーは、イギリスで生まれた牧師の一人ですが、潜在能力や潜在意識を使うことで、自分の周りの人たち、そして自分自身も幸せになったり、成功したりするという、マーフィーの法則を提唱した人です。マーフィーはなぜ、この法則に気がついたのでしょうか。

 

マーフィーは青年時代に、がんになってしまい、このがんを、潜在意識に働きかけて完治させたことで、潜在意識を刺激して、働きかければ、自分の人生が変わると思いはじめたそうです。

 

眠りながら成功するという本を書いたり、眠りながら巨富を得るという本などが有名ですし、マーフィー運命の法則という本も出版しています。

 

マーフィーは潜在意識を使うことが、いかに人生にとって素晴らしいことなのかを世の中の人に伝えて、潜在意識を自分でコントロールすることができれば、心も豊かになりますし、そうすればお金も自然に入ってくると言っています。
潜在能力を持って、潜在意識を良いイメージで頭の中をいっぱいにしたら、絶対に自然と何もしなくても、幸せになれるとも言っています。

 

ジョセフ・マーフィーは、人生の中で、成功したり失敗することの分かれ道というのは、それはその人の運命やはじめから決まっていたことではなくて、誰でも持っている潜在意識をいかに活用するか、そのコントロールの違いだと言っています。
他人を幸せにすることができれば、自分の幸せになれますし、自分がなりたいと思うことを、潜在意識にインプットさせれば、想像通りの人生を送ることができると言っています。

コミュニケーション力

コミュニケーション力というのは、ビジネスマンにとっては必要不可欠なことではないでしょうか。

 

ビジネスマンの自己啓発セミナーや能力開発に関するセミナーなどでも、人とのコミュニケーションの取り方についての内容が、取り上げられているということはよくあることです。人とコミュニケーションをとれない人の多くが、口べただったりします。口下手になるという人は、あまり無理して話さなくてもいいと思います。無理をして話をしようとすると、逆にわけがわからなくなる場合もあります。

 

ではどうやって話をしていけばいいのか、それは、自分の事ばかり離さないで、相手の話もよく聞いて、それに対して興味を示す、それが正しいコミュニケーションの方法です。相手の話に全く自分が興味がない場合に、相手の話に興味を持てと言われても難しいと思いますから、二人で共有できるような、自分でも興味が持てるような話題を提供してコミュニケーションを取るというのが大切ではないでしょうか。

 

コミュニケーションが取れない人によくあることですが、話題を選ぶ場合に、自分の悩みを口にする人も多いともいます。やはり誰もが前向きで頑張っている人が好きに決まっていますから、口下手ミュニケーションを取るのが苦手なうえに、まだ悩みというネガティブな話をするというのであれば、かなり相手にとっては負のイメージを持たせることになるのではないでしょうか。

 

口べたの人は、相手の人の話を聞いて、その上でコミュニケーションを取るように努力してみましょう。

 

チェックツール


 

登録サイトのデータ更新と検索


 

 

 

 

最新登録サイト表示

#サイト名PRリンク
1車売る40

TOP紹介サイト

#サイト名PRリンク
1車売る40